歯周病と全身疾患の関連性

  • 当院へのアクセス
  • 0761-77-6480

~歯周病と全身疾患~
歯のトラブルが全身の健康を脅かす

歯周病は歯だけに関わる病気だと
思われがちですが、
多くの全身疾患に関連していることも
わかっています。
全身の健康維持には
歯周病予防が必要です。


歯周病と全身疾患の深い関わり

歯周病は、歯肉溝に侵入した細菌が歯茎や顎の骨にまで炎症を引き起こす病気です。

  • 歯茎から膿や血が出る

  • 歯茎の腫れや痛みがある

  • 口臭が強い

  • 歯がぐらつく

  • 歯茎が下がる

以上の症状に心当たりがある場合、歯周病にかかっている可能性があります。

歯周病の症状は歯のトラブルに限局していると思われがちですが、近年では歯周病と全身疾患の因果関係を示す研究報告が増加しつつあります。
今回は、歯周病と全身疾患の関わりについて詳しく解説していきます。

歯周病に関連する全身疾患

現在、歯周病に深く関わりがあると考えられている全身疾患には、以下のようなものが挙げられます。

1糖尿病

歯周病は糖尿病の合併症のひとつですが、糖尿病の増悪にも大きく影響しています。

重度の歯周病にかかると、炎症によりCRPやサイトカインなどのタンパク質が生成され、これらは血液によって全身へと運ばれます。
CRPやサイトカインには糖の代謝障害を引き起こす作用があるため、血糖値を下げるホルモンであるインスリンが生成されにくくなります。これに対し、身体はより多くのインスリンを生成しようとするために高インスリン血症を引き起こします。

高インスリン血症の状態が続くと、インスリンを生成する膵β細胞が疲弊し、血糖コントロールがスムーズに行われなくなってしまい、糖尿病の悪化につながります。

2動脈硬化症
動脈硬化した血管

病理学における動脈硬化は3つに分類されますが、一般的に示されるのは「粥状動脈硬化」と呼ばれるものです。
動脈硬化には様々なリスク因子が関わっており、そのうちのひとつとして歯周病が挙げられます。

歯周病の原因菌は、アテローム性プラークの形成に関与していると考えられています。このアテローム性プラークが増えると、動脈内は狭くなり血液の流れが悪くなります。動脈硬化により血管が詰まり、破壊されると狭心症や心筋梗塞などの虚血性心臓疾患や、脳梗塞などを引き起こします。

3誤嚥性肺炎
咳をしている老人

誤嚥とは、飲み込んだものが食道を通らずに気管に入り込むことを言います。誤嚥性肺炎は、唾液やプラーク中の細菌が気管に入り込み、肺に感染して肺炎を起こしてしまう病気のことです。
咳反射・飲み込む力が低下している高齢者に起こりやすく、高齢者の肺炎のうち7割以上は誤嚥に関与していると言われています。

歯周病患者の口腔内には多くの歯周病菌が住み着いており、誤嚥性肺炎を引き起こしやすい状態です。日頃から口腔ケアを徹底し、口の中の細菌を減らすことが重要となります。

4骨粗しょう症
骨粗しょう症の老人

骨密度が低くなり、骨がもろくなってしまう病気を骨粗しょう症といいます。骨粗しょう症が進行すると、圧迫骨折や背骨が曲がるなど、日常生活に支障をきたす恐れのある症状を引き起こします。
骨粗鬆症は高齢の女性に多い病気ですが、考えられる原因として女性ホルモンのエストロゲンの減少が挙げられます。エストロゲンには骨の新陳代謝を促し、歯周組織の炎症を抑制する働きがあることがわかっています。

骨粗しょう症と歯周病の原因については、未だ明らかになっていない部分もありますが、愛知学院大学短期大学部の稲垣幸司教授らが行った調査では、「歯周病治療で歯周組織の炎症をコントロールしている人は、骨粗しょう症の治療を受けていないにも関わらず、骨密度の低下を抑えることができていた」という報告がされています。

5低体重児早産

妊娠している女性が歯周病にかかっている場合、早産による低体重児出産の可能性が高まるということが分かっています。その確率は、健康な方と比べてなんと約7倍です。これは、歯周病が進行することで、子宮収縮を誘発するプロスタグランジンというホルモンが増加するためと考えられています。

また、妊娠中は妊娠性歯肉炎を発症しやすい時期です。これは、つわりにより口腔内が酸性に傾くことや、清掃が困難となること、女性ホルモンの影響等に起因しています。
お母さんが自らの健康を維持することは、お腹の赤ちゃんを守ることにつながります。妊娠中は定期検診を受け、しっかり歯周病を予防する必要があります。

6バージャー病

バージャー病(閉塞性血栓性血管炎)とは、手足の動脈血管が閉塞し、冷えやしびれ、痛み、指先の潰瘍、壊死などが生じる病気で、国の特定疾患に指定されています。日本国内の患者数は約1万人で、30~40代の喫煙者の男性に多く発症し、最近は減少傾向にあります。
バージャー病の一症状である壊死が進行すると、四肢を切断せざるを得ないケースもありますが、最近では治療の基本である禁煙を徹底し、適切な治療を行うことで重症化を防ぐことが可能となっています。

東京医科歯科大学の研究グループが行った調査では、「バージャー病患者全員に中~重度の歯周病が見つかり、同時に病変部から歯周病原菌が高確率で検出された」という報告があります。この結果から、バージャー病と歯周病の関連性が強く疑われています。

7関節リウマチ
関節

関節リウマチは、関節内の滑膜と呼ばれる組織が異常増殖し、関節に痛みや腫れを伴う炎症を引き起こす自己免疫疾患です。この炎症が続くと、やがて関節が変形して破壊されていき、様々な機能障害が起こります。
主に30~50代の女性に多い病気で、国内の患者数は約100万人程度です。原因については未だ不明点が多いのですが、免疫異常や遺伝、特定のウイルスや細菌によるものと考えられています。

歯周病と関節リウマチの病態・原因には共通点が多数あります。そして、動物や細胞、疫学データを使用した研究論文の約8割において、歯周病と関節リウマチには互いの増悪に影響する双方向性があるという結果が報告されています。

関節リウマチが歯周病に悪影響な理由としては、関節リウマチによって手指に障害が生じ、口腔内の清掃が困難となることや、抗リウマチ薬によってウイルスや細菌への抵抗力が弱まることが挙げられます。
反対に、歯周病が関節リウマチに関与する理由は、歯周病原菌が関節リウマチの増悪に関わるシトルリン化タンパクを畜産するためと考えられています。

全身の健康を守るために歯周病予防の徹底を

歯周病を予防することは、糖尿病や動脈硬化、誤嚥性肺炎、骨粗しょう症、低体重児早産、バージャー病、関節リウマチなど様々な全身疾患の予防にもつながります。
日頃から歯周病予防を徹底し、自分の歯や歯茎の健康はもちろんのこと、全身の健康を維持するように努めましょう。

おすすめの記事

戻るドクターコラムトップへ

いしかわインプラントセンター
診療時間
 8:30~17:30

※木曜日は手術日
※ 平日の17時半から21時 休日の9時から13時の時間帯は歯科医師のみで応診しております。
緊急の患者様が優先治療となりますのでご了承ください。
☆上記時間外での緊急診療は都度相談とさせていただきます

診療科目 歯科・口腔外科・インプラント科・審美歯科・矯正歯科

住所 石川県加賀市山代温泉北部2丁目25

TEL 0761-77-6480

最近の症例 かとうクリニックいしかわインプラントセンターの採用情報 かとうクリニックいしかわインプラントセンターフェースブック